口もと美容症例検討会総合講座(2017年7月9日)報告

日時:7月9日13時~16時
会場:東京メトロポリタン丸の内ホテル会議室

13時から木下先生による涙袋形成に必要な診断方法、術前術後の症例の供覧、年齢や状態による注射方法の工夫、針とカニューレの使い分け方法を解説。脇汗のボツリヌス注射の応用方法。脇汗の診断方法、注射部位、注射方法、注意点、必要な単位数の解説。カニューレ使用による、脂肪溶解注射中に動脈からの逆流の症例写真と対処方法について報告がおこなわれました。

歯科医院で美容医療を「その気にさせる」勧め方、話し方の一例講義がおこなわれました。

症例検討会では、
脂肪溶解剤を使用する場合の解剖学的なデザイン方法、注射方法の検討
顔面全体的なデザイン方法、治療方法の検討
郊外型一般歯科診療所における見込み患者(小児、介護による時間のない方への案内など)
訴求方法の検討に時間をかけました。

8月19日,20日会員優先フィラー注入セミナーのご案内と受付
9月2日,3日部位別ワークショップのご案内と受付
10月表層解剖ワークショップ(アムステルダム)
11月国際美容皮膚科学会(バンコク)

次回9月開催は大阪です。
木下先生の講義は鼻周囲の注入治療、手術療法、学会参加の予習です。